パクシフ事件の重要な3つの争点




22歳の女性を強姦した疑いで騒いでいる俳優のパク・シフさんの事件。

パク・シフさんは22歳の女性Aさんが酔っ払った状態で強姦した疑いに対して強く否定しています。14日夜、知人の紹介で女性Aに会って飲んだあとお互い好感を持って性関係をしたことはあるが、強制ではなかった。

被害女性Aは『酔って気を失って次の日午前2時頃目を覚ましてみるとソウルのあるところでもうパク・シフに強姦された後だった』と主張しています。本格的な警察調査を控えている中、今回の重要な争点3つを法律専門家の意見を介してみました。

●被害者が泥酔状態だったのか?
被害女性Aは14日パク・シフと一緒に酒を飲んで気を失ったと主張しています。パク・シフは報道資料を通じてこの女性と酒を飲んだ事実を認めています。したがって、警察はパク・シフが抵抗不能あるいは心神喪失の状態を利用して、この女性を強姦したかを調査する予定です。
法律の専門家によると、被害者が意識があるときは強姦、酔った状態では準強姦にあたります。しかし、量刑は3年以上15年以下の懲役刑に等しいです。パク・シフ事件について周辺CCTVあるいは目撃者の証言などについての調査が行われるものと見られます。

●性的暴力の意図があったのか?
パク・シフが性的暴力の意図を持って被害女性Aに接近したのかも重要な争点です。パク・シフと被害女性Aの二人は知人を通じて紹介されたと首長している状態です。しか、女性Aは性暴力、パク・シフは男女の間で心が通意z手行われたことだとしている立場の違いを見せています。
パク・シフと女性Aが会ううえで強姦の意図があったのかどうかも争点に判断しています。法律の専門家は『一連の状態が捜査において重要な要素にはできないだろうが性関係の強制性を判断する一つの基準になることがあります』ろ付け加えました。

●性的暴力の過程で強制性はなかったか?
被害女性Aはワンストップ相談センターを通じて訴状を提出したことがわかりました。しかし、この訴状の内容についてパク·シフ側は『決して強制ではない』と強調しています。被害女性Aが民法上成年である19歳以上であるため、今回の事件は親告罪が適用されます。よってこの関係でパク・シフの強制性が立証されない場合は嫌疑なし処理される可能性も排除できないです。

警察は被害女性Aの身体と精神的な被害状態をはじめ、周辺のCCTV、目撃者の証言などを収集して事件を捜査するものと見られます。何よりも近日中パク・シフを召還して今回の事件と関連した内容を深く調査するものと見られます。

19日午前パク・シフ側は『これまで変わらない信頼と大きな愛を下さったファンの皆さんにご心配をおかけましたことについて頭を下げます。威力行使は全くなかったという事実を証明するために警察の調査に誠実に取り組むことを約束します』と明らかにしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です